映画や海外ドラマを使って英語を劇的に上達させるためのおすすめ学習法

DVDを選ぶ外国人

英会話を習得したいと考えた時に効果的な方法はいくつかありますが、その中でも有名なのは「映画や海外ドラマを見ること」、または「音楽を聞いて歌詞を覚えること」ではないかと思います。おすすめの学習法として一度は提案されたことがある人も多いのではないでしょうか。

音楽に関しては、歌詞を聞き取るという部分に集中しなくてはいけないですが、映画や海外ドラマは映像と一緒に聞き取りができるため、どんな場面で使うのかというのがイメージしやすいです。

今回は映画や海外ドラマを利用した上手な英語の学習法をご紹介します。

映画や海外ドラマが英語学習に向いている理由

英語を学習する目的は、やはり最終的には喋れるようになること、つまり英会話が上達することだと思います。従来の日本の英語学習は、どうしても試験の為の勉強になってしまい、英会話においては先進国として遅れを取ってしまっていました。

どうやったら英会話が上達するのか、それは「リアルな会話をイメージすること」、「英会話を実践すること」です。こればかりは参考書を眺めているだけではどうにもできません。

であれば、実際に生きた英語を体感するのが一番です。映画や海外ドラマは、今現在の流行り言葉やネイティブならではの表現などが頻繁に出てきます。最初はわからなくても、そのままセリフとして覚えてしまえば、シチュエーション別の使い分けなども徐々に理解できてくるでしょう。

大切なのは、楽しみながら英会話のフレーズを学んでいくことです。

英会話学習に向いている映画・海外ドラマの作品

映画や海外ドラマを使った英会話学習と言っても、作品は何でも良いというわけではありません。英会話学習に向いているものとそうでないものはあるので、予め把握しておいてください。

自分の好きな作品

まず大切なのが、自分の好きな作品を学習教材としてチョイスすることです。英会話の勉強に使う以上繰り返して学習する必要が出てくるため、あまり好きじゃない作品や嫌いな作品は当然向いていないでしょう。

前述した通り、セリフとしてそのまま覚えていくことがおすすめなので、思わずマネしたいと思えるくらい没頭できる作品が理想です。簡単だからと、観たくもないアニメなどに手を出して興味が持てず、あっという間にやめてしまうなどは避けたいところです。

新しめの作品

日本語にも「新語」・「流行語」という概念がある通り、英語にも昔は使われていたけど、今はそのような言い方はしないという言葉がたくさんあります。「ディスる」や「妊活」などがいい例ですが、少し前までは一部の若者しか知らなかった言葉でも、現在では大多数の人が使うというようなことはよくありますよね。映画や海外ドラマは、そういう生きた会話を学習できるツールだと思います。

日常的な作品

もちろん、ジャンルは何でも良いというわけではありません。例えば、アクションシーンが多い映画などはセリフ自体が少なく、ポイントを絞りにくい上に、日常的に使わない暴力的な言葉なども含まれます。できれば、日常生活を主軸とした作品を選ぶようにしましょう。

映画や海外ドラマを使った英語学習のステップ

さて、それでは具体的な学習のステップを説明したいと思います。取り組み方は人それぞれですが、もっとも効果的であると言われている方法なので参考にしてみてください。

【STEP1】英語の音声だけで見る

最初のステップは、あえて「英語の音声だけで見る」というものです。字幕はOFFにしてください。難解なテーマの映画ではない限り、映像を見ていれば内容は何となく把握できると思います。

ここでの目的は、音を聞いて意味を理解することではありません。実際の会話スピードを把握することと、リスニング力を鍛えることです。「英語耳」という言葉がありますが、普段日本語を聞き取る耳になっている私たちからすると、英語の会話を聞き取ることは容易ではありません。最初はまるで暗号のように聞こえてしまうと思います。

しかし、1時間・2時間と聞き続けることで、徐々に単語が聞き取れてきて意味を理解していくことができるのです。日本語に慣れている耳が少しずつ英語を聞き取れる耳に変化していくという感覚ですね。

【STEP2】字幕付きで内容を確認する

今度は、字幕をONにして見てみましょう。先ほど英語だけを聞き取っていたので、自分が予想していた内容とは違うところもあると思います。ここでは、きちんと作品の内容を理解することに努めましょう。

微妙な言い回し、特にイディオムなどは聞き取れたことと実際に使われている意味が全く違うということもあります。

【STEP3】セリフをなぞって音読する

字幕なし→字幕ありで見てみて、理解のすり合わせができたら今度は実際にセリフをなぞって音読してみましょう。前述しましたが、好きな作品であればあるほど、内容に没頭できるためおすすめです。発音の仕方やイントネーションもきっちり真似てください。

セリフをなぞるというのは、いわゆる「シャドーイング」という練習方法のことで、俳優さんが発した言葉のすぐ後にこちらも影のように追いかけて発音するというやり方です。音読をすることで英会話の感覚を掴むことができ、リスニング力も鍛えることができます。

【STEP4】再度字幕なしで見る

STEP3までの練習ができたら、また字幕なしで見てみましょう。そうすると、STEP1の時点ではほとんど聞き取れなかったのが、聞き取れる単語が多くなっていることに気付くと思います。

もし、まだ聞き取れない部分があったらその部分をメモっておき、後ほど確認しましょう。知らない言葉や表現であれば、日本語訳から勉強してみてください。

ちなみに、Googleで「映画のタイトル script」と検索すると、作品中のセリフを教えてくれるサイトがヒットします。予めスクリプトを用意しておくと、わからなかった箇所を確認しやすいので、ぜひ試してみてください。

おわりに

いかがでしたか?今回は英会話を上達させるための練習方法として、映画や海外ドラマを使った学習法をご紹介しました。この学習法で得られるメリットは以下の通りです。

  • 楽しみながら学習できる
  • フレーズや文法を自然に学ぶことができる
  • 話し方やイントネーションを学ぶことができる
  • 海外の文化や社会風習を学ぶことができる
  • 作品の内容を話題に外国人と会話することができる

主なメリットはこんなところでしょうか。英語の自宅学習は、楽しむ事ができるかというのがもっとも大切です。あなたも好きな映画や海外ドラマを手に取り、早速始めてみてください。