上手く英語が聞き取れないあなたへ!リスニングの上達方法

自宅でリスニングの勉強する女性

英語をマスターするための要素のひとつに、リスニングがあります。多くの方が英語のリスニング能力上達の壁に突き当たって苦労しているのではないでしょうか。

正しいリスニング上達法に従って学習すれば、誰でもリスニング能力を上達させることができます。

では、どのような上達法を実践すればよいのでしょうか。 ここでは、リスニング能力を上達させるための方法を3つ紹介していきます。

上達法1「多聴」とにかく英語をたくさん聴く

1つめの上達法は「多聴」です。まずは、とにかく英語をたくさん聴くことから始めましょう。「多聴」の目的は、英語の発音に慣れる、英語の独特なイントネーションやリズムに慣れるということにあります。

英語においては、相手に伝えたいところを強調して発音する独特なリズムがあります。 たくさんの英語を聞き流す多聴を実践することで、特徴的なリズムに慣れることができます。

多聴に利用するリスニング教材は、どんなものでも構いません。比較的ゆるやかなスピードの英語音声を聞くとよいでしょう。

上達法2「精聴」一語一語に集中して英語を聴く

2つめの上達法は「精聴」です。多聴に慣れてきたら、一語一語に集中して英語を聴くことを意識しましょう。

多聴を「とにかくたくさんの英語に耳を傾けて音を聴く練習」と位置付けるのであれば、精聴は「一語一語の英単語を聞き取り、かつ聞き分ける練習」として表すことができます。

リスニング上達における精聴の効果としては、集中して聴くことで「英語を聞き取って意味を理解する」という意識が身につくことが挙げられます。

精聴に合う教材としては、繰り返し聴けて、リスニング分量が少ない素材を選ぶとよいでしょう。何回もリピートしてじっくり聴き込むことが精聴のポイントです。興味や関心のある分野の素材であれば、なおのことよいでしょう。

たとえば、外国映画をよくご覧になる方であれば、「映画の予告編」がおすすめです。外国映画の予告編は、リスニング分量も少なく、簡潔な文章となっているため、初級レベルから中級レベルまで応用範囲は広いでしょう。

上達法3「シャドウィング」聞き取れた英語を後追いしながら発音する

3つめの上達法は、「シャドウィング」と言われている方法です。シャドウィングとは、聞き取れた英語をすぐ声に出して真似ながらリスニングについていく練習法です。

多聴と精聴の練習を十分に積んで英語独特のリズム感に慣れ、聞き取れる英単語が増えてきたと感じたら、このシャドウィングの練習に移るとよいでしょう。

では、シャドウィングの具体的な方法について触れてみます。

まず、ストップやスタートが簡単にできる音声教材を選びます。そして、リスニングの内容を記した英語のスクリプトを用意しましょう。

音声を聞きながらシャドウィングを行い、スクリプトでその内容を確認していきます。

最初は1センテンスごとに音声を止め、その間に聞き取れた英語をすぐに声に出して喋ります。できるだけ発音も真似するようにすることが大切です。これにより、自然と正しい発音も身につくようになります。

シャドウィングに慣れてきたら、1センテンスごと止めながら行うのではなく、できるだけ聞きながら同時進行的に後追いで発声するようにしましょう。

シャドウィングのレベルが上がるにつれて、リスニング能力も確実に向上していきます。

おわりに

英語のリスニング上達法でのポイントを紹介してきました。リスニング能力は、一朝一夕で身につくものではありません。 コツコツと継続してトレーニングすることで、その効果が現れます。

「多聴」や「精聴」、そして「シャドウィング」を駆使して、リスニング能力を効率よく向上させましょう。