英語の発音のコツは?発音の上達方法

発音の練習

グローバル化という言葉を最近、耳にすることが多くなってきました。世界とのつながりが簡単に持てるようになった現在、「日本人だから日本語だけ話せれば良い」という考えは通用しません。急な海外転勤を命じられる可能性も十分にあります。

こうした背景の中、英会話の能力はますます重要になっています。そして、英会話の中でも大切な要素の1つが、発音です。

発音が悪いと、自分ではきちんと言えているつもりでも、相手に伝わらないこともあります。 ここでは、英語の発音を良くするために気をつけたい3つのポイントをご紹介します。

イントネーションをしっかりとつけよう

英語の発音における特徴の1つに、イントネーションの存在があります。

イントネーション、すなわち抑揚は、英語では非常によく使われています。そのため、きちんとイントネーションを意識することは、英語の発音上達の第一歩となります。

事実、アメリカ人が「コンニチハ」と話す際、「ニ」をやたら高く発音するのを聴いたことがある人も多いでしょう。 一方、日本人が話し慣れている日本語は、ほとんど抑揚がないフラットな発音をする言語です。そのため、イントネーションをつけて発音することに苦手意識を持つ日本人は少なくありません。

しかしながら、きちんとイントネーションを意識して発音しないと、英語の発音は上手くなりません。恥ずかしがらず、少しオーバーかなと思うくらい、イントネーションをつけて喋るようにしてみましょう。大きな口を開けるよう意識すると、なお良くなるでしょう。

シャドーイングをしよう

英語の発音力を上達させるための有効な方法の1つが、シャドーイングです。

シャドーイングとは、聞いた英語を、その後を追うように口に出す、学習方法です。英語を「聞く」ことと「話す」ことを同時に行う訓練で、英語の発音力を向上させることができます。

ただの英文を音読するだけでは、どうしても自分なりの発音の仕方で話してしまいがちですが、シャドーイングでは、聞こえてきた英語をそのまま発音するため、自己流の発音で学習してしまうことはありません。

そのため、きちんとした発音を自然と身に付けることができるのです。 また、シャドーイングはリスニング力の向上にもつながります。後を追って口に出すためには、当然のことながらよく音を聞くように集中しなければなりません。そのため、英語を聞き分ける能力がつきます。

発声練習のコツを知る

実際に発音の練習をする際には、以下の2つを実践してみると良いでしょう。

1つ目は、口の動きのチェックです。自分の口の動きを、鏡でチェックする習慣をつけましょう。自分の口の動きがどうなっているかを視覚的に確認することで、身に付きやすくなります。また、同時に手振りなどのアクションを加えるとさらに効果的です。身体の動きを、発音と共に染み込ませるようにしましょう。

2つ目は、自分の声を録音して聞くことです。自分の声を聞くというのは、なかなか恥ずかしいものですが、これも大事な練習方法です。客観的な視点から自分の声を聞くことで、発音の修正ポイントに気づくことができます。

おわりに

英会話をマスターするうえで、発音の練習は非常に重要です。発音の良し悪しによって、会話が成り立つかどうかが決まってくる、と言っても過言ではありません。場合によっては、まったく違う意味合いで相手に伝わってしまい、トラブルになってしまうこともあります。

発音は、日々の練習によって身に付いていくもので、急に上達するものではありません。今回ご紹介したポイントを意識しながら、上手な発音を身に付けるようにしましょう。