外国人に電車の乗り換えを説明するフレーズ集

地図を広げる女性たち

日本には魅力的な観光スポットがたくさんあります。そして、そのような観光スポットを訪れるために、多くの外国人観光客が電車を利用しています。観光スポット近くの駅や電車内などでは、地図や路線図を片手に迷っている様子の外国人を見かけたり、乗り換えの仕方などをたずねられたりすることもあるでしょう。

そのようなとき、あなたは自信を持ってスマートに案内をすることができるでしょうか?ここでは、英語で乗り換え案内をするときに役立つさまざまなフレーズをご紹介します。

これらのフレーズをマスターし、困っている外国人を見かけたら、「May I help you?」(何かお困りですか?)と積極的に声をかけ、助けの手を差し伸べてあげましょう。

電車での行き方などをたずねる

外国人から話しかけられても、何を聞かれているのかわからなければ始まりません。目的地までの行き方や、目的地までのあいだに何駅あるかなどを質問するときに使われるフレーズを覚えておきましょう。

これらのフレーズはもちろん、あなた自身が外国の電車で迷ったときにも役に立ちます。

  • How do I get to Shinjuku?(新宿へはどのように行けばいいですか?)
  • Could you tell me how to get to Shinjuku from here?(ここから新宿までの行き方を教えてください。)
  • How many stops is Shinjuku from here? (ここから新宿までに何駅とまりますか?)
  • 電車での行き方を説明する

    目的地の駅まで、どの電車(線)に乗るか、どの駅でどの線に乗り換えるか、などを説明するフレーズです。「~に乗ってください」と言う場合は、「Take~」や「Get on~」という表現を使います。「~に乗り換えてください」と言う場合は、「Change to~」と言う表現を使います。

  • Take the train bound for Shinjuku on the Yamanote Line.(新宿行の山手線に乗ってください)
  • Get on the Odakyu Line and go to Shinjuku Station.(小田急線に乗って新宿駅まで行ってください)
  • Change to the Yurakucho Line at Yurakucho Station.(有楽町駅で有楽町線に乗り換えてください)
  • It’s the third stop.(3つ目の駅です)

    説明できない場合など

    外国人に行き方をたずねられたとき、あなた自身も初めて訪れた場所や慣れていない場所などで説明が難しい場合には、素直にこう言ってあげることも大切です。

    また、「自分も同じ方向へ行くから一緒に行きましょう」という案内の仕方もあるため、覚えておきましょう。

  • I’m sorry, I’m new here, too.(すみません、私もここのことはよく知らないのです)
  • I’m going in the same direction.(私も同じ方向へ行きますよ)
  • 役に立つボキャブラリー

    以下は、駅や電車内で使われる単語です。行き方を案内する際にも役に立つはずです。ぜひ覚えておきましょう。

  • train bound for~:~行きの電車
  • subway:地下鉄
  • platform:電車のホーム
  • ticket office:きっぷ売り場
  • ticket machine:券売機
  • ticket gate:改札口
  • おわりに

    2020年には東京オリンピックの開催も予定されており、今後も日本を訪れる外国人観光客は増加することが予想されます。

    日本を訪れる外国人へのおもてなしの一環として、英語での案内の仕方を今のうちに勉強し、駅や電車内などで困っている外国人を見かけたら積極的に助けてあげられるように備えておいてはいかがでしょうか?

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です