外国人に道を聞かれたら?英語で道案内をする時に使える例文集

地図を広げるバックパッカー

東京スカイツリー、秋葉原、築地市場など、都内には外国人観光客が多く訪れる観光スポットが多数存在します。そして、それらの周辺に住んでいたり、働いていたりする方は特に、外国人に道を聞かれることも多いでしょう。

英会話教室などに通う余裕はないが、スマートに英語を聞き、話せるようになりたい——。そんな方のために、英語で道案内をする時に使えるフレーズを紹介します。

困っている人に声をかける

街などで困っている人を見かけたら、こちらから進んで声をかけてあげたいものです。困っている人への声のかけ方を覚えておきましょう。

  • Excuse me.(すみません。)
  • Can I help you?(お困りですか?)
  • Are you lost?(道に迷ったのですか?)

道を聞かれる

助けてあげようと声をかけることができたとしても、相手が何を知りたいのか理解できなければ始まりません。道を聞く時に使われる表現を覚えておきましょう。

  • I’m lost. / I got lost.(道に迷いました。)
  • Could you tell me how to get to Tokyo Tower?(東京タワーまでの行き方を教えてくれませんか?)
  • Where is Tokyo Tower?(東京タワーはどこにありますか?)

道順を教える

次はいよいよあなたが話す番です。道順を説明するのに役立つ基本的な表現を覚えておきましょう。

  • Go straight.(まっすぐ進んでください。)
  • Turn right/left at the next corner.(次の曲がり角で右/左に曲がってください。)
  • You will see it on your right/left.(それは右側/左側にあります。)

目印などを教える時に使える語句

どこで右/左に曲がればよいかなど、目印を使って説明する時に役立つ語句も覚えておくとよいでしょう。

  • traffic light(信号)
  • corner(曲がり角)
  • crossing(横断歩道)
  • intersection(交差点)
  • end of the road(つきあたり)

目的地の具体的な位置を教える表現

「〜の隣」、「〜の向かい」、「〜と〜の間」など、位置を示す表現が使えれば、目的地までの行き方をより詳しく教えてあげることができます。

  • It’s next to the bank.(銀行の隣にあります。)
  • It’s opposite the hotel.(ホテルの向かいにあります。)
  • It’s between the bank and the hotel.(銀行とホテルの間にあります。)

電車での行き方を説明する

駅構内や電車の中などで、目的地までの行き方を尋ねられるケースもよくあります。 そのような場合に役立つ表現も覚えておきましょう。

  • Take the Yamanote line.(山手線に乗ってください。)
  • Get off at Shibuya station.(渋谷駅で降りてください。)
  • Change at Shibuya station to the Ginza line.(渋谷駅で銀座線に乗り換えてください。)

自分も道が分からない時には

行き方を尋ねられたものの、自分にもわからないということもあるでしょう。 そんな時に使える表現も覚えておきましょう。

  • I’m sorry.(ごめんなさい。)
  • I don’t know this area very well.(私もここのことは詳しくありません。)
  • Maybe the station staff can help you.(駅員なら分かるかもしれません。)

おわりに

2020年には東京オリンピックも予定されており、日本を訪れる外国人観光客は今後ますます増加することが予想されます。

そんな外国人観光客が道に迷って困っていた時、自分から進んで声をかけ、スマートに道案内をして助けてあげられるよう、基本表現をマスターしておくと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です