英語で挨拶できますか?ビジネス英語の自己紹介と挨拶

名刺交換

グローバル化が叫ばれる昨今では、突如海外転勤を命じられることもあるでしょう。そのようなときに必要とされる能力が、ビジネス英語に関するスキルです。

ビジネス英語を使用する際には、日常会話の英語とは少し違ったコツがあります。では、ビジネスで英語を使う際には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。こちらでは、ビジネス英語における自己紹介のポイントを3点ご紹介します。

【ポイント1】できるだけ簡潔な自己紹介を心がけよう

ビジネス英語における自己紹介のポイントの1つ目は、できるだけ簡潔にすることです。

外国でのビジネスシーンでは、あまり長々と自分のことを話すことはしません。そのため、簡潔な自己紹介が好まれます。具体的には、以下のような自己紹介をすると良いでしょう。

・相手があなたの役割や仕事についてある程度知っている場合

I am Taro Yamada from ABC corporation.

仕事内容や立場をくどくどと加える必要はありません。

・相手があなたのことを全く知らない場合

I am Taro Yamada from ABC corporation. I work as an engineer.

社名・部署名・仕事内容が伝われば十分です。できるだけ、簡潔に伝えることを意識しましょう。

【ポイント2】論理的な話し方をしよう

2つ目のポイントは、論理的に話すことです。一般的に英語のネイティブスピーカーは、論理的に話すことを好みます。

日本のように相手の言いたいことを察するのではなく、交わされた言葉だけでお互いのことを知るのが、英語圏の文化です。そのため、話の要点をわかりやすく、誤解なく伝えることが大切です。

論理的に話すためには、まず時系列を意識すると良いでしょう。自己紹介の際には、自分の経歴を過去から現在に至るまで順を追って説明すると、相手も理解しやすくなります。論理的に話すためにも、時系列を意識した自己紹介をするように心がけましょう。

少しビジネス英語に慣れてきたら、成功体験をピックアップすると、より印象に残る自己紹介になります。自分のキャリアの中でも、特に実績のある重要な経験を選んで伝えることで、より良い自己紹介になります。

【ポイント3】やってしまいがちなミスに気を付けよう

3つ目のポイントは、表現やマナーのミスに気を付けることです。学校で習った英語ですが、ビジネスにおいては、微妙なニュアンスの違いをしっかりと知っておきましょう。

日本では特に意識していないことでも、海外では大きく意味合いが変わってくる場合もあります。

例えば、「meet」と「see」の使い分けです。学校の授業でもよく耳にしてきた「Nice to meet you.」という表現ですが、これは初対面の人と会った際に用いられる表現です。そのため、面識のある人に対して、「Nice to meet you.」とは言わないようにしましょう、面識のある人に対しては、「Nice to see you.」という表現が適切です。

また、自己紹介をする際に行う名刺交換についても注意が必要です。日本のビジネスでは、名刺交換が最初に行われますが、英語圏では、握手から行うのが一般的です。

つまり英語圏では、形式的な自己紹介の前に、しっかりと関係を築くことが重視されているのです。場合によっては、少しくだけた自己紹介をした方が良いこともあります。

おわりに

「Nice to meet you.」と「Nice to see you.」の使い方の違いからもわかるように、ビジネスにおいて英語を使用する場合は、ビジネス英語特有のニュアンスをしっかりと理解しておく必要があります。

相手の文化に合わせた話し方やマナーを理解し、正しいニュアンスで英語を使い分けるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です