海外出張に欠かせない!空港で使える英会話フレーズ

空港で仕事をするビジネスマン

初めての海外出張…現地取引先の人との挨拶や交渉に使う英会話の予習はもう完璧ですか?ここで見落としがちなのが、現地に到着するまでの道のり、すなわち空港や飛行機で使う英会話です。

出発時には日本語でチェックイン手続きができますし、日本からの便であれば飛行機内に日本語ができる客室乗務員がいることも多いため、英語は必要ありません。

しかし、飛行機を降りて現地の空港に到着した途端に英語が飛び交い、英会話が必要な世界になります。そこで困らないよう、現地の空港で使える英語のフレーズをしっかり予習しておきましょう。

入国審査・税関で

現地の空港に到着したら、まずは入国審査です。基本的に、入国審査カウンターにいる職員から、以下のような質問を尋ねられることが多いため、しっかりと答えられるようにしておきましょう。

<例>

Q.Show me your passport, please.(パスポートを見せてください。)

A.Here you are.(どうぞ)

Q.What’s the purpose of your visit?(入国の目的は何ですか?)

A.Business.(仕事です。)

Q.How long are you going to stay in this country? (どのくらい滞在しますか?)

A.For 5 days.(5日間です。)

Q.Where are you going to stay?(滞在先は、どこですか?)

A.Riverside Hotel.(リバーサイドホテルです。)

Q.What is your occupation?(職業は、何ですか?)

A.I’m an office worker.(会社員です。)

英語が聞き取れなかったり、うまく答えられなかったりする場合にも、曖昧にせず次のようにきちんと伝えましょう。

  • Please say again.(もう一度言ってください。)
  • I’m sorry, I’m poor at English.(すみません、英語がよくわかりません。)
  • Please speak more slowly.(もう少しゆっくり話してください。)
  • Can anybody speak Japanese?(日本語が話せる人は、いますか?)
  • 荷物を受け取り、目的地まで移動する

    入国審査を済ませた後は、荷物を受け取り、タクシーなどを利用して目的地まで向かいます。スムーズに進めば良いのですが、自分の荷物が見つからないなどのトラブルに見舞われることもあります。そのような場合にも使える表現を覚えておきましょう。

  • My suitcase is missing.(私のスーツケースがありません。)
  • How long will it take to receive my baggage?(荷物を受け取るまでに、どれくらいかかりますか?)
  • Where is the nearest taxi stand?(一番近いタクシー乗り場はどこですか?)
  • How long does it take to downtown?(市街地までどれくらいの時間で行けますか?)
  • How much does a taxi cost to downtown?(市街地までのタクシー料金はいくらですか?)
  • 現地空港でのチェックイン時

    現地での仕事が終わり、いよいよ帰国。帰りの飛行機のチェックイン手続きをします。日本の航空会社を利用する場合は、日本人スタッフがいることもありますが、たいていは現地スタッフが英語で手続きを進めます。

  • Where is the check-in counter?(チェックインカウンターはどこですか?)
  • This is carry-on baggage.(これは機内に持ち込む荷物です。)
  • I have one bag to check in.(預けるバッグが一つあります。)
  • Where is the boarding gate for this flight?(この便の搭乗口はどこですか?)
  • Will this flight be on time?(この便は予定通りに出発しますか?)
  • 空港や飛行機に関する単語

    空港や飛行機内では、普段聞き慣れないような単語が使われていることがあります。

    例えば、トイレは一般的に「Restroom」や「Bathroom」などと表示されていることが多いですが、飛行機内のトイレには「Lavatory」と表示されています。この「Lavatory」は、小さめの機能性重視のトイレに用いられる表現です。この他にも、空港や飛行機で使われる英語には独特の表現をするものがいろいろとあります。

    以下は、空港や飛行機内に表示されていたり、アナウンスに使われたりすることが多い単語のリストです。一般的にはあまり使われないものの、何か要望を伝えたいときや、緊急時などに役に立つ単語もあります。念のため覚えておきましょう。

    空港で

    International flight(国際線) Domestic flight(国内線) Airline ticket(航空券) Boarding pass(搭乗券) Carry-on baggage(機内持ち込み荷物) Check in baggage(預け荷物) Transfer(乗り換え) Transit(トランジット・通過)

    機内で

    Window seat(窓側の席) Aisle seat(通路側の席) Take off(離陸) Landing(着陸) Refreshments(軽食、スナック) In-flight meal(機内食) Fasten seat belt.(シートベルトを着用してください。) Emergency button / call button(緊急ボタン / 呼び出しボタン) Occupied(トイレが使用中) Vacant(トイレが空いている)

    緊急時

    Exit(乗降口、非常口) Air turbulence(乱気流) Life vest(救命胴衣) Oxygen mask(酸素マスク)

    おわりに

    いかがでしたか?入国審査のやり取りや、飛行機に関連する英語では、普段聞き慣れない単語や表現が使われることも多く、必要なときに言いたい言葉が出てこないという事態に陥りがちです。

    初めての海外出張を成功させるためにも、空港で必要な英会話フレーズをしっかりとマスターし、手続きなどをスマートに行えるようにしておきましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です