プレゼンテーションで使えるビジネス英語のフレーズ・例文集

みなさんは、プレゼンテーションが得意ですか?グローバル化が進む昨今、ビジネスシーンでも英語を話さなければならない機会が増えており、英語でのプレゼンテーションを控えているという方もいるでしょう。

「英語の資料は何とか作れたけど、どうやってプレゼンを進めたら良いのだろう。」そのような不安を抱えている方のために、ここでは英語でプレゼンテーションを行う際に役に立つ表現をご紹介します。

オープニングパート

プレゼンテーションのオープニングパートはとても重要です。ここでは、聞き手の注意を引きつけたり、自分のプレゼンの概要を伝えたりするために使える表現をご紹介します。

  • 開始を伝える表現
    May I have your attention, please?
    (お話を始めても宜しいでしょうか?)
  • 聞き手に対する感謝を伝える表現
    Thank you for taking the time out of your busy schedule.
    (この度はお忙しい中お時間をいただきありがとうございます。)
  • 自己紹介(名前と肩書き)
    I’m Ichiro Matsui.I’m in charge of the ABC project.
    (私は松井イチローです。ABCプロジェクトを担当しています。)
  • プレゼンの概要を伝える表現
    Today, I would like to talk about our new product for about 10 minutes.
    (本日は弊社の新製品について10分程度ご説明させていただきます。)

内容パート

そして、いよいよプレゼンテーションのメインとなる内容パートです。あらかじめ作成した資料などに沿って進めていきます。

順序立ててわかりやすく説明するため、ここではトピックが変わる際の表現をご紹介します。

  • まずは、〜
    To begin with, let’s look at some numbers from last year.
    (まずは、昨年度の数字を見てみましょう。)
  • 次に〜(その1)
    Next, I’d like to talk about our new technology.
    (次に、弊社の新しい技術についてご説明します。)
  • 次に〜(その2)
    Let’s move on to our new product.
    (では次に、新しい製品をご紹介します。)

エンディングパート

一通り内容の説明が終わったら、エンディングパートです。ここでは、質問の受け方やプレゼンを締めくくる挨拶の表現、聞き手への感謝の伝え方などをご紹介します。

  • ・締めくくりの表現
    That’s the end of my presentation.
    (これで私のプレゼンを終わります。)
  • 質問の受け方
    Are there any questions? Please ask.
    (何かご質問はありますか。どうぞお尋ねください。)
  • 聞き手への感謝を伝える表現
    Thank you very much for your attention.
    (ご清聴ありがとうございました。)

その他

プレゼンテーションの資料に表やグラフ、調査結果などが含まれていることは多いでしょう。そのようなものの英語での呼び方も覚えておきましょう。

表、グラフなど

  • 表・・・・・・・chart
  • 折れ線グラフ・・line graph
  • 棒グラフ・・・・bar graph
  • 円グラフ・・・・pie chart

資料など

  • 配布資料・・・・handout
  • 企画書・・・・・proposal
  • 事例・・・・・・example
  • 記事・・・・・・article
  • 調査結果・・・・survey result

おわりに

いかがでしたか?電話の応対や日常会話程度ならできるが、プレゼンテーションとなるとハードルがとても高いと感じていた方も多かったかもしれません。

しかし、さまざまな場面を想定し、それぞれの場面に使える表現をしっかり予習しておけば、英語のプレゼンテーションもきっとスマートにこなすことができるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です