外国人と名刺交換する際に役立つ英語の例文とマナー

名刺交換の練習

ビジネスで初めて会った人とは、名刺の交換を行って双方の自己紹介の代わりとするものです。 これは海外の人とビジネスをする場合でも同じで、最初は名刺交換をすることになるのですが、その際にどのように言って渡せば良いのでしょうか? また、海外での名刺交換においては日本と違ったマナーがあるのでしょうか?ここでは、名刺交換の際に気をつけるべきポイントについて紹介します。

名刺交換を始める前に

日本では初対面の人がいたら、まず名刺を交換して交流を図る、というのがビジネスマナーとなっています。 ただ、これをそのまま海外の人に対して行ってはいけません。海外でのビジネスマナーでは、まず「握手」が先に来るようになっています。名刺交換は握手を終えてからとなります。

「Good morning.」や「Good afternoon.」という挨拶をしながら握手を交わし、まずは口頭で自分の名前を紹介するようにします。「My name is〜」でも構いませんが、「I’m〜」の方が自然な表現です。この間の動作は必ず相手の目を見て行うようにしましょう。また、握手はしっかりと握るぐらいの意識で行います。

名刺の交換は、この後に行います。その際には「Could I exchange business cards.」という言葉を添えましょう。

さらに文末に「if you don’t mind.」と付けることで、より丁寧な表現となります。合わせると「お気になさらないようなら、名刺の交換をさせていただけませんか?」となります。その後、自分の名刺を渡す際には「Here is my business card.」といった言葉を添えるようにしましょう。

逆に相手の名刺を渡して欲しい場合には「Could I have your business card?」と言います。

お辞儀よりもスモールトークを

日本では名刺の交換の時にはお辞儀を行いますが、この文化は日本だけのものです。

海外の人と名刺の交換を行う際にはお辞儀をするのではなく、ちょっとした会話を挟むようにしましょう。 仕事に関して質問をするのがベターです。

What line of business?」と質問すると、どういった種類の仕事ですか?という意味になります。

他にも会社に関して「What does your company do?」と質問しても構いません。あなたの会社は何をしているのですか?という意味です。

マナーの違いに驚かない

日本では「名刺はその人自身である」というような考え方があります。そのため名刺は出来る限り丁寧に扱いますが、海外ではその限りではありません。名刺の裏にその人に関するメモを取るなどのことを当たり前のように行います。そのことに対して目くじらを立てるようなことはしないようにしましょう。

また、名刺交換の際のマナーの一つとして、相手が自己紹介をする際の名前の発音をしっかり聞いておくことが挙げられます。アクセントなどにも注意し、正しいイントネーションで相手の名前を呼べるようにしましょう。スペルだけでは判断できない部分も多いため、実際に名前を呼ぶ際に間違うと失礼になってしまいます。

不安がある時はスモールトークとして「Excuse me but, could I have your name again, please?」と聞くと良いでしょう。申し訳ありませんがもう一度名前をお伺いしてもよろしいでしょうか?という意味になります。

おわりに

アジア圏などでは、段々と日本式の名刺交換というのも広まってきています。

ただ、やはり欧米ではまだまだ通用しないことが多いため、あらぬ誤解を招かないようなマナーと英文を身につけておくことが大切です。正しい知識を身につけ、周囲から一目を置かれるようなビジネスパーソンになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です