英語における数字の書き方・読み方・単位まとめ

英語の数字を瞬時に口に出すことができますか?実は、日本人の多くが英語の数字を苦手としていて、間違えやすいと言われています。

確かに、「英語で10万円は?」といきなり質問されてもピンときませんよね。普段から慣れ親しんでいないとすぐに答えるのは不可能です。

しかし、世界中のどこに行くとしても数字は真っ先に必要となる知識ですし、知らなければそこで過ごすことはできません。電話番号や住所など、ごく身近なものにも数字は溢れています。

今回は、英語における数字の読み方や使い方をまとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

0~100(3桁まで)の書き方・読み方

まずはもっとも基本的な0~100の読み方をサラッと復習してみましょう。中々覚えられない苦手な箇所などが出てきたら、最低でも3回以上繰り返して読んでみるなど、重点的に練習するのがポイントです。

数字 書き方 読み方
0 zero ゼロ
1 one ワン
2 two ツー
3 three スリー
4 four フォー
5 five ファイブ
6 six シックス
7 seven セブン
8 eight エイト
9 nine ナイン
10 ten テン
11 eleven イレブン
12 twelve トゥウェルブ
13 thirteen サーティーン
14 fourteen フォーティーン
15 fifteen フィフティーン
16 sixteen シックスティーン
17 seventeen セブンティーン
18 eighteen エイティーン
19 nineteen ナインティーン
20 twenty トゥウェンティ
30 thirty サーティ
40 forty フォーティ
50 fifty フィフティ
60 sixty シックスティ
70 seventy セブンティ
80 eighty エイティ
90 ninety ナインティ
100 one hundred ワンハンドレッド

まずは小手調べ、0~100まででした。20以降の数字は1の位が今までの1~10までの読み方と同じです。また、10~20までは末尾が「~ティーン」となっていたものに対して、20を境に「~ティ」と変化することも改めて確認しておきましょう。

まとめ
  • 20以降の数字は1の位が1~10までの読み方と同じ
  • 10~20までは末尾が「~ティーン」であるが、20以降は「~ティ」に変化

桁数の多い数字の書き方・読み方

次に桁数の多い数字を見ていきましょう。ほとんどの方は桁数が多くなるとついて行けなくなるということだと思いますが、これは英語と日本語の数字の数え方の違いに原因があります。下記の表を見てください。

数字 書き方 読み方
1 one ワン
10 ten テン
100 one hundred ワンハンドレッド
1,000 one thousand ワンサウザント
10,000 ten thousand テンサウザント
100,000 one hundred thousand ワンハンドレッドサウザント
1,000,000 one million ワンミリオン
10,000,000 ten million テンミリオン
100,000,000 one hundred million ワンハンドレットミリオン
1,000,000,000 one billion ワンビリオン
10,000,000,000 ten billion テンビリオン
100,000,000,000 one hundred billion ワンハンドレットビリオン

どうでしょうか?このように表にしても、ぱっと見わかりにくいような気がします。

その答えは、英語と日本語の数の数え方、つまり区切る単位が違うためです。日本では、一定以上の数字に達すると、10,000:万、100,000,000:億のように、4桁ずつ呼び方が変わっていきます。

一方で英語の場合は、one thousand(1,000)以降、3桁ずつ単位が変わっていくという違いがあります。数字の桁区切りというものがありますが、どこで区切るのかわかりにくいなぁという印象を受けたことはありませんか?

それは数字の桁区切りが英語の数字に倣って定められているからです。逆に考えれば、数字の桁区切りを思い出してもらえれば、数が大きくなっても単位の変わり目がわかります。

例えば、100億という数字は単位が変わる10億にゼロがひとつ足されたものなので、10億=one billionだとすると、100億がten billionだということがイメージしやすいです。

順番(序数)の書き方・読み方

序数というものを聞いたことがありますか?日本語に直すと1番目、2番目という表現のことです。こちらも会話で頻繁に使用する機会がありますので、ご紹介したいと思います。

1番目 書き方 読み方
1番目 first ファースト
2~ second セカンド
3~ third サード
4~ fourth フォース
5~ fifth フィフス
6~ sixth シックスス
7~ seventh セブンス
8~ eighth エイス
9~ ninth ナインス
10~ tenth テンス
11~ eleventh イレブンス
12~ twelfth トゥウェルフス
13~ thirteenth サーティーンス
14~ fourteenth フォーティーンス
15~ fifteenth フィフティーンス
16~ sixteenth シックスティーンス
17~ seventeenth セブンティーンス
18~ eighteenth エイティーンス
19~ nineteenth ナインティーンス
20~ twentieth トゥウェンティーンス
21~ twenty first トゥウェンティーファースト

野球のポジションにもあるように1はファースト、2はセカンド、3はサードと、この辺りは馴染みのある表現です。4以降は末尾に「~th(ス)」というものが付きます。

注目は12の「twelfth(トゥウェルフス)」の綴りが他の数字にはない「f」が間に入っているので独特なものになっていること。そして20の「twentieth(トゥウェンティーンス)」が本来の「twenty」のy→ieに変化していることです。

この変化は「study→studies」という単語の複数形にも見られる英語独特の規則なので、ぜひ覚えておきましょう。

ちなみに30、40、50と数が大きくなってもこれらの規則性が継続するので、応用で理解していけます。

まとめ
  • 12「twelfth(トゥウェルフス)」の綴りが独特である
  • 20「twentieth(トゥウェンティーンス)」が本来の「twenty」のyからieに変化している。

【番外編】ネイティブならではの数え方

日本語でも新しい言葉がどんどん誕生しているように、英語でも新しい言葉や表現は常に生まれています。数字の数え方に関しても同様で、正規の数え方では言いにくいところを、生活の中で使いやすい形に変化させていきました。

その代表例を少しだけ紹介します。

4桁の数字を2桁ずつ区切って読む

英語の場合、どうしても数が増えてくると、それだけ読み方が長くなってしまうものが多いです。そのため、4桁の数字を表現する際、2桁ずつ区切って読むということが一般的になっています。

例えば、私は1983年生まれですが、1983という数字は正しく読もうとすると「one thousand nine hundred eighty three」となります。非常に長くて言うのが面倒です。これを2桁ずつ区切って読むと、「ninety eighty three」となり、かなりコンパクトになります。

このように、4桁の数字は簡略化して伝えることが多いので、実際の会話でもぜひ使用してみてください。

数字を一つずつ読み上げる

先ほどの2桁ずつ読むというものの、さらに応用編といった感じになりますが、英語では単位が大きくなった場合、数字を一つ一つ読むこともあります。上記と同じ例で言うと、1983を「one nine eight three」という感じで読むこともできるのです。

また、2016年であれば「ツー オー ワン シックス」となります。この一つ一つ読むやり方だと、0(zero)はo(オー)と表現することも合わせて覚えておきましょう。

おわりに

いかがでしたか?今回は英語におけるさまざまな「数字の書き方」や「読み方」、「単位」などをご紹介してきました。

一つ一つ覚えることは大変ですが、冒頭でも述べた通り数字は会話や生活の中で、もっとも使われることが多いものです。しっかりと覚えれば、会話の幅も広がっていくでしょう。

日本語と英語の教え方による違いはたくさんあります。ネイティブ講師にしっかりと学びたい!なんてかたはオンライン英会話や英会話教室で直に教わってみてはいかがでしょうか?

オンライン英会話と英会話教室のランキングはこちら>>