パターンプラクティス

読みがな:ぱたーんぷらくてぃす

英訳:pattern-practice

パターンプラクティスとは、主に英文法を身に付けるための学習法で,開発されたのは1959年のこと。以来、英語習得のメソッドとして現在も使われている有名な手法です。パターンプラクティスの方法はとてもシンプルです。基本の文法表現を、パターンを変えて学習していきます。例えば、play や see などの主語+一般動詞の表現を学習するとします。その時の教材として、少年がテニスをしている絵を使った学習の状況を描いてみましょう。先生がその絵を生徒に見せながら、「I play tennis.」と言います。次に、先生は主語を He と言います。生徒は、「He plays tennis.」と言います。ここでは、動詞のs(いわゆる三単元のs)のルールを身に付けます。このように、主語を変えることで、文法のルールを身に付けることができるようになります。他には、疑問文に変える、否定文にするなどの方法があります。
ノートパソコン

関連用語


関連コラム

おすすめ記事

  • ロールプレイングロールプレイング 読みがな:ろーるぷれいんぐ 英訳:roleplaying ロールプレイングとは「役割演技」のことです。現実に起こる場面を想定して、複数の人がそれぞれ役を演じ、疑似体験を通じて、ある事柄が実際に起こったときに適切に対応できるようにする学習方法として認知されています。ロール・プレイング(英 role playing […]
  • フィードバックフィードバック 読みがな:ふぃーどばっく 英訳:feedback フィードバックは、日本語で「帰還」を意味します。実生活での活用例としては、「先生からレッスン後にフィードバックを受けた。」や、「会社の上司にプレゼン後フィードバックをいただいた。」などでしょうか。要するに、発信者から出力したもの(結果報告)を受けた人間が、次の機会のために発信者にアドバイスし戻すという意味です。オンライ […]
  • チューターチューター 読みがな:ちゅーたー 英訳:tutor チューター(tutor)とは英語で「個人教師」という意味で、日本人が海外で使う場合は英語の個人レッスンという意味になります。イメージとして一番近しいのは、日本で表現するところの家庭教師です。ただし、日本の家庭教師のように自宅で学習を教えるのではなく、カフェや飲食店にてコーヒーを飲みながら教えるという文化になっています。チューター […]
  • アウトプットアウトプット 読みがな:あうとぷっと 英訳:output アウトプットとは、覚えた英語の知識を実際に活用するという実践的な行為を表します。例としては、「英作文を書く」、「英会話をする」、「テキストの音読をする」などがアウトプットに当たります。もちろん、アウトプットを行うには事前にある程度のインプットが大切になります。そして、頭の中で英語を使ってみるという訓練も必要でしょう。「スクー […]
  • SSTSST 読みがな:えすえすてぃ 英訳:sst SSTとは、1対1の対面式インタビューテストのことです。SSTは、「英単語」や「英文法」、「発音」など、知識を問われるペーパーテストとは違い、会話の展開別に文章をその場面ごとに使い分け話を構成する力があるかどうかが問われます。テストのレベルは受講者のレベルに比例して変化するため、初心者の人が挑戦できないというわけではありません。自 […]
  • グラマーグラマー 読みがな:ぐらまー 英訳:grammar グラマーは、日本語で言うところの「文法」のことです。グラマーを習得することは、英会話においてもっとも重要な事のひとつです。普段の英会話の中で文法を意識することはないため、必要ないのでは?とも思ってしまいがちですが、そうではありません。グラマーが出来ていない人は、英会話の上達が著しく遅れます。最近では、「聞き流すだけで英会話がで […]