英語で挨拶できますか?ビジネス英語の自己紹介と挨拶

英語で挨拶できますか?ビジネス英語の自己紹介と挨拶

グローバル化が叫ばれる昨今では、突如海外転勤を命じられることもあるでしょう。そのようなときに必要とされる能力が、ビジネス英語に関するスキルです。
ビジネス英語を使用する際には、日常会話の英語とは少し違ったコツがあります。では、ビジネスで英語を使う際には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。こちらでは、ビジネス英語における自己紹介のポイントを3点ご紹介します。

【ポイント1】できるだけ簡潔な自己紹介を心がけよう

ビジネス英語における自己紹介のポイントの1つ目は、できるだけ簡潔にすることです。外国でのビジネスシーンでは、あまり長々と自分のことを話すことはしません。そのため、簡潔な自己紹介が好まれます。具体的には、以下のような自己紹介をすると良いでしょう。
相手があなたの役割や仕事についてある程度知っている場合は、「I am Taro Yamada from ABC corporation.」だけで十分です。仕事内容や立場をくどくどと加える必要はありません。

相手があなたのことを全く知らない場合でも、簡潔に伝えることを意識しましょう。「I am Taro Yamada from ABC corporation. I work as an engineer.」のように、社名・部署名・仕事内容が伝われば十分です。

【ポイント2】論理的な話し方をしよう

2つ目のポイントは、論理的に話すことです。一般的に英語のネイティブスピーカーは、論理的に話すことを好みます。日本のように相手の言いたいことを察するのではなく、交わされた言葉だけでお互いのことを知るのが、英語圏の文化です。そのため、話の要点をわかりやすく、誤解なく伝えることが大切です。
論理的に話すためには、まず時系列を意識すると良いでしょう。自己紹介の際には、自分の経歴を過去から現在に至るまで順を追って説明すると、相手も理解しやすくなります。論理的に話すためにも、時系列を意識した自己紹介をするように心がけましょう。
少しビジネス英語に慣れてきたら、成功体験をピックアップすると、より印象に残る自己紹介になります。自分のキャリアの中でも、特に実績のある重要な経験を選んで伝えることで、より良い自己紹介になります。

【ポイント3】やってしまいがちなミスに気を付けよう

3つ目のポイントは、表現やマナーのミスに気を付けることです。学校で習った英語ですが、ビジネスにおいては、微妙なニュアンスの違いをしっかりと知っておきましょう。
日本では特に意識していないことでも、海外では大きく意味合いが変わってくる場合もあります。例えば、「meet」と「see」の使い分けです。学校の授業でもよく耳にしてきた「Nice to meet you.」という表現ですが、これは初対面の人と会った際に用いられる表現です。そのため、面識のある人に対して、「Nice to meet you.」とは言わないようにしましょう、面識のある人に対しては、「Nice to see you.」という表現が適切です。
また、自己紹介をする際に行う名刺交換についても注意が必要です。日本のビジネスでは、名刺交換が最初に行われますが、英語圏では、握手から行うのが一般的です。つまり英語圏では、形式的な自己紹介の前に、しっかりと関係を築くことが重視されているのです。場合によっては、少しくだけた自己紹介をした方が良いこともあります。

おわりに

「Nice to meet you.」と「Nice to see you.」の使い方の違いからもわかるように、ビジネスにおいて英語を使用する場合は、ビジネス英語特有のニュアンスをしっかりと理解しておく必要があります。相手の文化に合わせた話し方やマナーを理解し、正しいニュアンスで英語を使い分けるようにしましょう。

おすすめ記事

  • 外国人との英会話がスムーズに展開する魔法の質問集外国人との英会話がスムーズに展開する魔法の質問集 外国人の方と積極的にコミュニケーションを取ろうとしても、いざとなればどういう風に会話を展開していって良いのかわからなくなってしまうこともあると思います。そんな時、会話がスムーズになる質問集を自分の中にいくつかでも持っておけば会話は劇的にスムーズになるでしょう。 今回は「外国人との英会話がスムーズに展開する魔法の質問集」と題し、簡単に実践できる英会話の質問をご紹介していきたい […]
  • プレゼンテーションで使えるビジネス英語のフレーズ・例文集プレゼンテーションで使えるビジネス英語のフレーズ・例文集 みなさんは、プレゼンテーションが得意ですか?グローバル化が進む昨今、ビジネスシーンでも英語を話さなければならない機会が増えており、英語でのプレゼンテーションを控えているという方もいるでしょう。「英語の資料は何とか作れたけど、どうやってプレゼンを進めたら良いのだろう。」そのような不安を抱えている方のために、ここでは英語でプレゼンテーションを行う際に役に立つ表現をご紹介します。 […]
  • ビジネス英語と日常英語の違いとは?ビジネス英語と日常英語の違いとは? ビジネス英語と日常英語は、英文法という観点において違いはありません。大きな違いは、状況に応じて求められる単語や表現方法です。 ここでは、ビジネス英語と日常英語それぞれの特徴をもとに、両者の違いを説明していきます。 ビジネス英語の3つの特徴 《信頼関係構築のツール》 ビジネスが成り立つためには、信頼関係の構築が必須です。そのためには、必ずしも英語を流暢に話せる必要はあり […]
  • すぐに使える英語を伝授!日常英会話の挨拶フレーズ集すぐに使える英語を伝授!日常英会話の挨拶フレーズ集 日本でも海外でも、いきなり会話を始めるということはありません。まずは軽い挨拶から始め、そこから会話を掘り下げていくのが一般的でしょう。英会話教室などに通う余裕はないけれども、まずは気軽に挨拶できるようになりたい——。そんな方のために、こちらではすぐに使える日常英会話の挨拶フレーズを紹介します。 初対面の相手に 初対面こそ、こちらから積極的に声をかけたいものです。初対面の相 […]
  • 資料やメールに出てくるビジネス英語の略語集資料やメールに出てくるビジネス英語の略語集 1分1秒も無駄にできないくらい慌ただしく時間が流れるビジネスの世界。メールや資料、社内メモなどには、読み書きの時間をできるだけ短縮するため、多くの省略語が使用されています。 海外とのビジネスメールをやり取りする場合などにも、そのような省略語を理解し、使いこなす力が必要不可欠となります。たった3つか4つの文字ですが、大変重要な意味を持つ場合もあり、「知らない」では済まされませ […]
  • ビジネス英語の勉強にもオンライン英会話がオススメな理由ビジネス英語の勉強にもオンライン英会話がオススメな理由 海外出張、海外企業との交渉、電話会議やビデオ会議など、ビジネスマンにとって英語が必要とされる機会は年々多くなっています。必要に駆られて、テキストなどを買って英語の勉強を始めようとしているビジネスマンも多いかもしれません。 しかし、仕事で忙しく動き回っているビジネスマンにとって、テキストなどを使って毎日コツコツとやる勉強法は、なかなか難しいのではないでしょうか。 そんなビジ […]