TOEIC・TOEFLは何が違う?TOEICとTOEFLの違いとは

TOEIC・TOEFLは何が違う?TOEICとTOEFLの違いとは

現代では、応募・採用条件にTOEICTOEFLなど英語の資格を含める企業も多く見られます。これらの資格は自分の英語力を示すために役立ち、応募・採用条件に含まれていなかったとしてもアピールに繋がります。しかし、英語関連の資格には複数のものがあり、特に「TOEICTOEFLどちらを受験するべき?」といった声は少なくありません。

そこで今回は、TOEICTOEFLの違いについて紹介していきます。

 

TOEFLについて

TOEFL毎年約180ヶ国で約100万人の人たちが受験している資格です。正式名称は「Test Of English as a Foreign Language」であり、その頭文字をとってTOEFLと呼ばれています。英語以外の言語が第一言語として使用されている国の人を対象にしたテストで、日本人もTOEFLの対象に含まれています。

TOEFLの試験内容は筆記ではなく、パソコンを使用して受験するという仕組みになっています。難易度は英語の資格の中でも比較的高いと言われており、ボリュームも多くなっています。試験時間は4時間と少し長めですが、試験途中に休憩が挟まれます。

また、一斉に試験を開始するのではなく、試験会場に着いた人から開始するシステムもTOEFLの特徴です。日本国内では、主に首都圏や地方の大都市を中心に試験地が設けられています。

 

TOEICについて

TOEICの正式名称は「Test Of English International Communication」であり、その頭文字をとってTOEICと呼ばれています。日本国内において英語能力を測る指針として認識されています。

TOEICの試験内容はペーパーテストであり、試験時間は2時間設けられています。リスニングとリーディングに分けられており、その間に休憩を取ることができます。試験日は年に9回程度で、試験地によっては実施される回とされない回があります。

TOEICは「TOEFLが難しすぎる」と感じた日本人のために作成された資格であるとされています。そのため、TOEFLに比べて難易度が低く、問題のボリュームも少ないといった特徴を持ち合わせています。

 

どちらの資格を受けるべきだろう?

TOEICで高いスコアを保持していても、実際に英語で十分なコミュニケーションを取れるとは限りません。実践的な英会話能力を証明するための資格としては、あまり評価されない場合もあります。

しかし、TOEFLに関しても必ず評価されるというわけではありません。難易度が高いためTOEFLの方が評価されやすい企業はありますが、企業によってはTOEFLよりもTOEICのスコアを情報として欲しがっているケースもあります。TOEFLは履歴書の情報としては認知されない場合があり、どちらかと言うと留学向けの資格とも言われています。

そのため、これらの資格を受験する前には「目的」を明確にしておくことが大切になります。どのような企業に評価されたいのか、そのためにはどんな資格が最適であるのかを把握し、それに合わせて受験する資格を選ぶようにしましょう。

また、どちらの資格も合格か不合格かではなく、試験当日の「スコア」によって評価されます。一般的にはTOEICの場合は600点以上、TOEFLの場合は70点以上が履歴書に記述するために必要であると認識されています。

 

おわりに

ここまで、TOEICTOEFLの違いについて紹介してきました。どちらも英語関連の資格であることに違いはありませんが、難易度や試験時間、評価のされやすさなどが変わってきます。企業によっても評価にばらつきが見られるため、自分が働きたい職場の応募・採用条件をあらかじめ確認するようにしましょう。

おすすめ記事

  • TOEICや英検だけじゃない!英語の資格一覧とその難易度TOEIC英検だけじゃない!英語の資格一覧とその難易度 日本は中学から高校と、六年間かけて英語を勉強しているにもかかわらず、あまり英語を話せる人が多くはない国です。さまざまな分野でグローバル化が進み、東京オリンピックを控えている中で英語を学ぶ事に対する意欲は高まっています。 さて、一般的な英語力を示している資格としては、TOEICや実用英語技能検定(英検)などが有名です。しかし、実はこれら意外にも多くの英語資格が存在していま […]
  • スコアアップをねらう!TOEICの勉強方法と対策スコアアップをねらう!TOEICの勉強方法と対策 最近は、就職・転職・昇進などで、TOEICスコアを提示する機会が増えています。社員にTOEICを毎年受けることを義務づけていたり、昇進の際の条件に最低TOEICスコアを設定したりしている会社もあります。 このような傾向から、日々の職務に英語が必要でなくても、TOEICのスコアを少しでも上げたいと考えているビジネスパーソンが多くいます。ここでは、TOEICのスコアをアップさせ […]
  • 2015/08/10【産経ニュース】「hanaso」『TOEICチャレンジ応援キャンペーン』実施のお知らせ2015/08/10【産経ニュース】「hanaso」『TOEICチャレンジ応援キャンペーン』実施のお知らせ 最大でTOEIC受験料(6,000円)キャッシュバック!株式会社アンフープ(所在地:静岡県富士市、代表取締役社長:重森 渉)がサイト運営する、無料通話ソフトSkype(スカイプ)を利用したオンライン英会話スクール「hanaso」では、2015年7月29日(水) ~9月27日(日)に、TOEIC受験料(6,000円)もしくはtaking the […]
  • Q.レッスンの種類はどのようなものがありますか?Q.レッスンの種類はどのようなものがありますか? A.マンツーマンでの英会話レッスンをはじめ、TOEIC対策や資格試験対策など、様々なレッスン内容が設定されています。 オンライン英会話の基本となるのは講師とマンツーマンでのレッスンですが、より発展的な内容としてTOEIC対策や各種試験対策専門のレッスンを設定しているスクールもあります。 […]
  • TOEFLTOEFL 読みがな:とーふる 英訳:toefl TOEFLテスト(Test of English as a Foreign Language)は、1964年に英語を母国語としない人々の英語コミュニケーション能力を測るテストとして、米国非営利教育団体であるEducational Testing […]
  • これでもう慌てない!英語での電話対応に使えるフレーズ・例文集これでもう慌てない!英語での電話対応に使えるフレーズ・例文集 仕事をしていると、英語で電話対応をする場面に出くわすことがあります。英語で話すだけでも抵抗があるのに、電話で通話するとなると音声も聞き取りづらく、また身振り手振りも使えないため困ることも多いでしょう。 そんな時でも慌てないよう、役立つフレーズ・例文をまとめてみました。こちらでは、電話を受ける時・電話をかける時・電話を切るとき、そして英語が聞き取れずに困ったときの4パターンに […]