英語耳を育てよう!リスニング力を向上させる極意を伝授

英語耳を育てよう!リスニング力を向上させる極意を伝授

英会話は、聞く力(リスニング)と話す力(スピーキング)双方のバランスで成り立っています。皆さんは「英語耳」という言葉を聞いたことはありますか?その字面から何となく意味は読み取れるかもしれませんが、英語耳とは「英語を自然と聞き取れる状態になる」ということです。

今回はこの英語耳を目指すにはどのような点に気を付けて練習をすればいいのかということに焦点を当ててお話したいと思います。

英語耳について

日本人は英語が苦手であるという議論をよく耳にしませんか?確かに他の先進国に比べて、流暢に英会話ができる人の比率というのは少ない気がします。ですが、日本人は果たして本当に英語学習自体が苦手なのでしょうか。

実は、リーディングや文法といった分野において日本人は高い能力を見せると言われています。逆にリスニングやスピーキングは他国に遅れを取っているという見解が一般的です。まさに現在日本の英語教育に投げかけられている疑問がこの部分。実践的な英会話の練習が不足しているために、会話にもっとも必要なリスニング力とスピーキング力が育っていないのです。

聞き取りが上手でないと会話を展開していく事自体がとても困難になってしまいます。万が一単語をあまり知らない状態だったとしても、英語を聞き取る力に長けていれば会話の中で質問することができますよね。英会話においては、単語をたくさん知っているということよりも、英語を聞き取る能力の方が大切なのです。

英語耳になるということは、普段日本語を聞き取ることにしか使っていない耳を、英語も聞き取ることのできる耳にしていくということ。ラジオのチューナーで合わせられるチャンネルが増えるようなイメージでしょうか。ぜひ英語を聞き取れる耳を養ってみましょう。

英語耳は年齢の壁がある!?

英語耳を養うためには、子供のうちから練習しないと手遅れであるというようなイメージはありませんか?

結論から言えばそのようなことはありません。確かに物心が付く2歳~5歳くらいまでの年齢というのは、頭が柔らかいため言語を区別することなく純粋に音を聞き取る能力が高いのは事実です。聞いた音を真似て自分の口から発するというアウトプットも自然にしやすい年齢ですから、早いうちから英会話を勉強することはアドバンテージになります。

しかし、大人になってから英語耳を作れないというのは間違いです。過去のTOEICの結果を見てみると、平均点がもっとも高かったのは60代であるというデータも出ているそうですよ。毎日の練習を継続して習慣化することさえできれば、誰にでも身に付く能力なのです。

海外ドラマや映画を観て練習してみましょう!

リスニングの練習方法でもっとも有名なものに、海外のドラマや映画を観て練習するというものがあります。この方法の何が良いのかというと、感情移入し楽しみながら学べるという点です。実際に展開される日常会話がどんなものなのか、リアクションや表現方法はどうなるべきなのかということをリアルに観ることができるのがとても大きいですね。

ここでは、実際にどのように学んでいくのかを詳しく解説したいと思います。

STEP1 いきなり字幕なしで観てみましょう!

最初から字幕なしで観るなんて…と思われる方も多いと思いますが、これは大切なことです。実は、英語に慣れていないこの段階で会話の意味を理解することは全くと言っていいほど重要ではありません。必要なのはネイティブの会話スピードに慣れることです。ゆっくり喋ってくれれば聞き取れる単語も出てくるはずですが、それでは練習になりません。あくまで字幕という答えを見ずに、どういう文章を話しているのかを「音」で体感することが大切になってきます。

この時のポイントとしては、いくつか聞き取れる単語が出てきたとしてもそれにとらわれず全体の文章として大きく聞くようにすること。「あっ!今のわかった」と頭の中の回路を止めないようにしましょう。中学校時代からの英語を聞いてそれを頭の中で日本語変換するというやり方では、英会話のスピードに付いていくことは不可能です。あくまで音で聞き取るというクセを付けてください。

STEP2 今度は字幕ありで観てみる!

字幕ありで観てみると、どういう単語や文章が使われていたのかという答えがわかります。今度は一転して字幕で観てもわからない単語や表現があったら、その都度一時停止して調べてみましょう。理解できたら次の会話に進むということを繰り返していきます。この間メモを取りながら、どこがわからなかった箇所なのかということをチェックしてみてください。

最初から聞き取れなかったところ、または聞き取れていたと思っていたところでも間違えていた部分を把握し、実際の会話とのギャップに気付くことがとても大切です。

STEP3 再び字幕なしで鑑賞し音読してみましょう!

STEP1・2を経たことで、音の流れる感覚や会話の内容の意味など、ある程度理解が進んでいる段階に入っていると思います。そしたら再び字幕なしで映像を見てみましょう。

ただし、今回は俳優さんのセリフを真似して一緒に会話を音読していきます。これはいわゆるシャドーイングという練習方法で、発音やイントネーション、会話のスピードなどを自分の口で発声してみます。最初は上手にできなくても、繰り返し練習することで少しずつスピードにも慣れてきます。自分で自然な英会話のスピードが体現できると、リスニング力もさらに向上していきますよ。

おわりに

いかがでしたか?今回は英語の聞き取りを自然とできる状態にする「英語耳」とはどういうものか、そして英語耳を身に付けるための練習方法などを紹介してきました。

英会話において相手の話している内容を理解することは、会話を成立させることにおいてもっとも重要な要素です。毎日の練習で自然と英会話本来のスピードに慣れ、スッと耳に入ってくるようになれば理想形です。ぜひ興味のある方は実践してみてください。

おすすめ記事

  • 英会話のレスポンスを速める4つの方法英会話のレスポンスを速める4つの方法 英会話初心者の方にとっては、相手に質問された内容を瞬時に英語で返答するというやり取りは本当に大変ですよね。頭のなかで一旦日本語にして考えたものを英語に変換して…などとやっているとスムーズに会話が進まなくなるということがあります。 今回は英会話のレスポンス(反応)を速めるための方法についてお話したいと思います。 クイックレスポンスとは クイックレスポンスという言葉を聞 […]
  • 本場の英語に触れる!海外留学をおすすめする3つの理由本場の英語に触れる!海外留学をおすすめする3つの理由 「英語の運用能力を向上させるためにはどうすればいいの?」との質問に対する回答のひとつに、「海外留学する」というものがあります。特に日本人が苦手としている「リスニング能力」と「スピーキング能力」の向上において、海外留学では大きな成果を見込めます。そこで今回は、英語の海外留学をおすすめする3つの理由を紐解いてみたいと思います。海外留学がいかに英語能力の向上に役立ち、かついかに魅力 […]
  • 英語の予定やスケジュールを確認するときに使える表現・フレーズ集英語の予定やスケジュールを確認するときに使える表現・フレーズ集 英会話で大切なのは、多くの表現を知っておくことです。特にリスニングの部分において、多くの表現を知っておくこと大きなアドバンテージになります。 今回のテーマは「予定」。英語で予定を表す単語は?と質問すると「plan(プラン)」と答える人がもっとも多いそうです。もちろん、正しいのですが、予定と一口に言ってもたくさんの表現方法があります。一つでも多くの言い回しを覚えておき、より場 […]
  • 映画や海外ドラマを使って英語を劇的に上達させるためのおすすめ学習法映画や海外ドラマを使って英語を劇的に上達させるためのおすすめ学習法 英会話を習得したいと考えた時に効果的な方法はいくつかありますが、その中でも有名なのは「映画や海外ドラマを見ること」、または「音楽を聞いて歌詞を覚えること」ではないかと思います。おすすめの学習法として一度は提案されたことがある人も多いのではないでしょうか。 音楽に関しては、歌詞を聞き取るという部分に集中しなくてはいけないですが、映画や海外ドラマは映像と一緒に聞き取りができるた […]
  • 上手く英語が聞き取れないあなたへ!リスニングの上達方法上手く英語が聞き取れないあなたへ!リスニングの上達方法 英語をマスターするための要素のひとつに、リスニングがあります。多くの方が英語のリスニング能力上達の壁に突き当たって苦労しているのではないでしょうか。 正しいリスニング上達法に従って学習すれば、誰でもリスニング能力を上達させることができます。 では、どのような上達法を実践すればよいのでしょうか。 […]
  • 3単語でも英語は十分伝わる!これだけは覚えておきたい42のフレーズ集3単語でも英語は十分伝わる!これだけは覚えておきたい42のフレーズ集 あなたは英語の勉強を始めてから何年経っていますか?中にはまだ本格的に勉強を始めてから間もないという人もいるかもしれませんね。唐突ですが質問です。 「今勉強している英語を会話の中で活かすイメージは湧きますか?」 どうでしょう。自信を持って「Yes.」と答えられるでしょうか。日本の英語教育は、勉強のための勉強になってしまっているということが問題視されているように、学校では読み […]