通訳やキャビンアテンダント以外にも!英語力を活かせる仕事

通訳やキャビンアテンダント以外にも!英語力を活かせる仕事

日本は島国であることもあり、比較的閉鎖的な国民性を持っています。中学校から高校に掛けて、多くの人が六年間にわたって英語を勉強しているにもかかわらず、堪能に操ることができる人が少ないのは大きな問題です。国内だけでも、英語を使える人が足りていないという現状があります。

英語が必要となる仕事として、代表的なものには通訳やキャビンアテンダントがあります。これらの仕事は、そもそも英語ができなければ仕事になりません。もちろん、世の中には他にもさまざまな仕事があります。

ここでは、様々なレベルにおいて英語力が活かすことができる仕事について紹介していきます。

 

【ランク1】軽い英語でも活かせる「接客」の仕事

まず、多少日常会話を行うことができ、外国人と意思疎通を図ることができる、というレベルの英語を活かせる職場として、接客業があります。接客業と言ってもその幅は広く、飲食店のアルバイトや観光案内所などさまざまです。いずれにせよ、必要となる英語のランクはそれほど高くはありません。

例えば飲食店であれば、基本的なオーダーを取ることができ、質問をされた際に料理についての知識を返答できる、といったレベルで十分です。話すことができる能力よりも、聞き取ることができる能力の方が重要になります。

ただし、キャビンアテンダントを始めとする飛行機関係の仕事は特に多くの外国人と接することになり、会話の幅も広がるためこのランクの英語力では足りません。より実用的な英語を身につける必要があります。

 

【ランク2】英語文法力と英語コミュニケーション力の両方が必要な「教師」の仕事

次に、正確に英語文法について知っていて、かつ実用的な英語コミュニケーションをある程度取ることができる人向けの仕事として、教師の仕事があります。

現在日本では、よりグローバルな人材を教育するために、英語教育に力を入れる方針が検討されています。事実、親御さんの中には我が子を英語のできる人材にしたいと考え、子供の頃から英語スクールに通わせている人も少なくありません。こうした傾向から、今英語教師というのは人材が不足した売り手市場となっています。

英語の力を持っているだけではなく、子供に分かるように教える力がなければなりません。「自分が知っていること」と「相手に教えられること」には大きな差があります。子供の視点に立って英語教育を行うことが重要です。

 

【ランク3】ビジネス英語や工業英語をマスターした人に「外資系企業」の仕事

最後に、より高度な英語を習得している人に向けた仕事を紹介します。高度な英語というのは、ビジネス英語や工業英語と呼ばれるものです。ビジネス英語というのは日本語で言うところの敬語に当たるもので、ビジネスの話で使っても相手を不愉快にしないような英語の使い方を指します。工業英語は契約を結ぶ場合などに、自分の伝えたいとしていることを確実に伝えるための英語です。これらを操ることができるのであれば、国内で英語が必要な仕事はほぼこなすことができます。

そこで視野に入るのが外資系企業です。外資系企業というのは、外国資本で作られている国内会社のことで、海外との付き合いが深かったり、そもそも社内言語が英語であったりします。常に英語を使って仕事をすることになるため、英語力を活かしたい、ということであれば最高の選択肢となるでしょう。

外資系は実力主義が強い傾向にあるため、若い人でも実力があれば上を目指すことができます。英語力を活かして、よりキャリアを高めたい人にも適しています。

 

おわりに

英語の必要性は、今後一層増していくことが考えられます。英語を使える、というだけで大きな武器となる時代がすでに訪れつつあります。英語力を持っている人は、それを無駄にしない仕事のスタイルを考えてみましょう。

おすすめ記事

  • とっても大切!英語で丁寧にお願いをする表現・フレーズ集とっても大切!英語で丁寧にお願いをする表現・フレーズ集 日本語と違い、英語には「目上の人だから敬語を使おう」とか「目下の人だからタメ口で話そう」といった概念がありません。ですが、丁寧な表現というのは日本語同様もちろん存在しています。 一番わかりやすいのが、人にお願いをする時です。いくら敬語概念が無いと言っても、初対面の人にいきなり「これをしなさい!」のような命令表現になってしまっていれば、誰も聞き入れてくれません。ビジネスシーン […]
  • 英語で挨拶できますか?ビジネス英語の自己紹介と挨拶英語で挨拶できますか?ビジネス英語の自己紹介と挨拶 グローバル化が叫ばれる昨今では、突如海外転勤を命じられることもあるでしょう。そのようなときに必要とされる能力が、ビジネス英語に関するスキルです。 ビジネス英語を使用する際には、日常会話の英語とは少し違ったコツがあります。では、ビジネスで英語を使う際には、どのような点に注意すれば良いのでしょうか。こちらでは、ビジネス英語における自己紹介のポイントを3点ご紹介します。 【ポイ […]
  • プレゼンテーションで使えるビジネス英語のフレーズ・例文集プレゼンテーションで使えるビジネス英語のフレーズ・例文集 みなさんは、プレゼンテーションが得意ですか?グローバル化が進む昨今、ビジネスシーンでも英語を話さなければならない機会が増えており、英語でのプレゼンテーションを控えているという方もいるでしょう。「英語の資料は何とか作れたけど、どうやってプレゼンを進めたら良いのだろう。」そのような不安を抱えている方のために、ここでは英語でプレゼンテーションを行う際に役に立つ表現をご紹介します。 […]
  • 資料やメールに出てくるビジネス英語の略語集資料やメールに出てくるビジネス英語の略語集 1分1秒も無駄にできないくらい慌ただしく時間が流れるビジネスの世界。メールや資料、社内メモなどには、読み書きの時間をできるだけ短縮するため、多くの省略語が使用されています。 海外とのビジネスメールをやり取りする場合などにも、そのような省略語を理解し、使いこなす力が必要不可欠となります。たった3つか4つの文字ですが、大変重要な意味を持つ場合もあり、「知らない」では済まされませ […]
  • ビジネス英語と日常英語の違いとは?ビジネス英語と日常英語の違いとは? ビジネス英語と日常英語は、英文法という観点において違いはありません。大きな違いは、状況に応じて求められる単語や表現方法です。 ここでは、ビジネス英語と日常英語それぞれの特徴をもとに、両者の違いを説明していきます。 ビジネス英語の3つの特徴 《信頼関係構築のツール》 ビジネスが成り立つためには、信頼関係の構築が必須です。そのためには、必ずしも英語を流暢に話せる必要はあり […]
  • ビジネス英語の勉強にもオンライン英会話がオススメな理由ビジネス英語の勉強にもオンライン英会話がオススメな理由 海外出張、海外企業との交渉、電話会議やビデオ会議など、ビジネスマンにとって英語が必要とされる機会は年々多くなっています。必要に駆られて、テキストなどを買って英語の勉強を始めようとしているビジネスマンも多いかもしれません。 しかし、仕事で忙しく動き回っているビジネスマンにとって、テキストなどを使って毎日コツコツとやる勉強法は、なかなか難しいのではないでしょうか。 そんなビジ […]